むしとりあみ

時代小説

ゆめつげ

畠中恵さん作・ゆめつげを読みました。 主人公は「しゃばけ」の若旦那に似たおっとりとした禰宜です。しっかり者の弟 …

吉原手引草

書評が真っ二つに分かれていた本です。 舞台は吉原、主人公の花魁は彼女の口から言葉がでることはありません。 物語 …

お狂言師歌吉うきよ暦

新聞で紹介されて、文庫本になるのを待っていた本です。 大名家の奥向きで踊りを披露する女性だけの「お狂言師」一座 …

「密命」「狩り」他

佐伯泰英の時代小説です。 まずは「密命」壮年の子持ち剣士・金杉惣三郎が主人公です。時代は八代将軍吉宗の時代にな …

傀儡

鎌倉時代の歴史小説です。 日本中世史の研究家、故・網野 善彦氏の世界観をそのままに小説にしたような感じです。 …

居眠り磐音 江戸双紙

テレビで見て、面白そうなので読んでみました。 主人公、坂崎磐音が暮らす深川を中心に、話はすすんで行きます。押し …

『剣客商売』

朝の通勤電車で読む本を探していたら、結構時代小説がよかったのでそれを。 朝の眠い頭で、しかも40分も立ったまま …

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Copyright © むしとりあみ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.