テレビで見て、面白そうなので読んでみました。
主人公、坂崎磐音が暮らす深川を中心に、話はすすんで行きます。押し込み強盗、御家騒動、将軍家嫡子のお忍びの旅など、それぞれの内容としては王道だと思います。
登場人物も様々で、お決まりは町奉行と同心に岡っ引き、将軍御側御用人に江戸一番の剣術道場などでしょう。他にも両替屋や鰻屋、吉原に暮らす人々、掘割下水など、江戸後期の暮らしが描かれています。
融通無碍、という言葉がぴったりな主人公も、時に迷い悩みます。そこに青臭さがあって、「剣客商売」の秋山小兵衛と違うものを醸し出しています。また、脇を固める両国小町、両替屋の老分、飲んべえな浪人、お役につけない旗本の次男坊などそれぞれの人物が、いきいきと魅力的に描かれています。

陽炎ノ辻―居眠り磐音 江戸双紙 (双葉文庫)
まだ完結はしていませんが、充分に楽しめます。