vespa朝、庭で、スズメバチがアシナガバチを狩るところに出くわしました。
話には聞いていましたが、直に見ることは初めてでした。
見つけたとき、アシナガバチの頭部はすでに噛み切られており、胸部と腹部を噛み切る途中だったようです。
腹部はまだ動いて、抵抗をしていましたが、スズメバチはカリッ、ガリッと大顎でクチクラをかじる音を立てて、胸部を切り離していました。昆虫で一番筋肉が詰まっているのは、胸部です。胸部を切り離すと、そのままくわえて大きな羽音を立てて、木の方へ飛び去りました。
多分、ゆっくりと肉団子にして、巣へ持ち帰るのでしょう。 カリバチの狩りは、いつ見ても驚きと感動です。