菜の花が咲き始めたくるめウスへ行ってきました。
実は先日、受験を終えた子ども学芸員養成講座のメンバーと今後の話などをした後、河川敷を3人で歩いてきました。
その時にオドリバエが飛び回っていたのを、メンバーが見つけました。
さらにその子がクヌギの雄花にクヌギハナカイメンフシを見つけました。
よく見ると、小さなハチが産卵していました。
その日は網を持っていっていなかったので、本日雨上がりの午後にリベンジ!

いました。
オドリバエの仲間です。オスがメスに餌を渡して、メスが食べている間に交尾をしています。
餌となる虫はウンカの仲間など様々でした。風が吹き込まない暖かいクヌギの周りを、たくさんのオドリバエが飛び回っていました。
クヌギハナカイメンフシもあちこちにできており、赤い花が綿毛の花がさいたようです。その上にとても小さなハチがいました。
鈍い金属光沢を放って、産卵しているようでした。
ヒメコバチの仲間かなあ、と思いますが調べてみないとよく分かりません・・・