書店を徘徊していて目に留まった本です。表紙のオオカミ犬の写真に目が釘付けになりました。
帯とざっと中を見て、そのままレジへ。
不思議なことに、頭がモヤモヤしているときに限って、ネイチャー系の本が目に留まるのです。

カナダの森で出会ったオオカミと犬のミックス犬と旅をする著者。
行く先々で、さまざまな出会いを通し「偶然」の意味と物事に隠された意味を体感していきます。
カナダの中での場所の持つ力、森の息吹、空気の匂い、先住民の思い・・・
命のつながりを感じることが書かれています。

タイトルの意味は「誰もがみな旅を続ける仲間」だそうです。
いい響きですね。

森に行きたくなりました。