DVC00007
再発した左下7番の歯根病巣を取り除く手術をしました。
おできを取り除き、歯茎を鉤型に切って、ぺろんとめくって骨のある病巣の抜け穴を探すのらしいのですが・・・
骨にそれらしき痕跡はなかったそうです。
レントゲンでも前回の治療跡に沿って、骨ができてきていました。骨の中には病巣はなかったみたいなのです。
しかし、歯茎の内側に白い筋が縦に伸びていたそうです。通常、この部分の筋は顎の先から付け根に向かって走るそうなのですが、向きが違っていました。「これかな」と先生が仰って、その筋を引き抜いたのでしょう。顎先にかけて、何かを引き抜かれるような感覚がありました。ずるずるとイカスミのように引き抜かれたそうです(^^;
今回は原因がはっきりしませんでした。
前回、同じ箇所に歯根病巣ができた時は、同じようにおできができて、それが潰れてはできて、を数回繰り返し痛みがきたのです。
今回はそれもなかったのです。 歯茎ににきびができたのかもしれません。口の中の汚れが奥歯にたまって、おできができることがあるそうです。
今回は原因不明でした。でも、気になってたおできがなくなり、なんとなくすっきりした気分です(笑)
治療後の歯型です。赤い丸で囲っている箇所が今日、すっぱりと落としたおできです。 こうしてみると、結構大きいですね~
きれいな歯並びになりました♪ ありがとう、佐々先生!