サイアノタイプ(青写真)で名刺を作ってみました。
材料、感光紙はここのサイトを参考にしました。

感光紙ができてからの手順です。


OHPシートに原稿を作りました。モノクロレーザープリントで出力
原稿を作ります。
今回は写真を使いましたので、グレースケール変換後、色調を反転しネガにしました。
OHPシートに出力し、裏面に貼ってはがせるタイプのスプレー糊を薄く吹きつけます。
感光紙と原稿は圧着させますので、スプレー糊がない場合は、ガラス板で抑えてもOKです。
感光紙は紫外線で感光しますので、明るい窓辺や蛍光灯の明かりは避けて、薄暗い部屋の作業をおススメします。

左が感光前。右が3分後。色が変わっています。
感光させます。
真夏の昼間で3分露光させます。
3価の鉄イオンが紫外線によって、2価に還元していきます。

薬品をしっかりと落とします。10分ほど流水にさらしたほうがいいようです。 一旦水切り
還元させたらしっかりと洗浄します。


希釈したオキシドールを吹きかけます。コントラストが強くなります。再度洗浄。
薄めたオキシドールを吹き付けると、コンコトラストがはっきりとします。
理由は・・・・多分・・・・フェントン反応あたりかと・・・・


しっかりと乾かします。
再度洗浄します


同じデザインですが、細々と変わりますね。
乾燥して完成です。

薬品のお値段がかなりいいので、夏休みのワークショップでするには名刺が限界かなあ、と思います・・・